トピックス
福祉医療関連システムメニュー
パッケージ紹介
障がい者総合支援システム
システム概要
障がい者総合支援法および児童福祉法に基づくサービスに対応したシステムです。サービス事業所における各種業務・日誌管理・計画相談支援・アセスメント・個別支援計画作成・請求書作成(重度障がい者等包括支援・地域生活支援事業サービスを除く)に対応しています。また、請求計算内容から国保連合会への伝送データを作成することもできます。
システムの特長
■障がい者総合支援法および児童福祉法請求を強力サポート
法令改正も多く、煩雑な請求も基本的な情報を登録するだけで簡単に行うことができます。また、請求に必要なサービス実績記録票・請求書明細書・上限額管理結果票等(きょうだい間の上限額管理含む)の様式を請求計算を行うだけで簡単に作成することができます。更に、利用者請求書・領収書・市町村別請求額一覧表・利用者別請求額一覧表等も簡単に作成できます。又、利用者負担額の入金管理もでき、煩雑だった事務を一挙に効率化できます。

■日誌管理・ケース記録管理を強力サポート
事業所における各種日誌(夜勤宿直・作業・看護等)を作成することができます。ケース記録と日誌を連動させることで、日誌からケース記録への転記等煩わしい業務を効率化します。バイタル等を記録することもできます。
また、自由レイアウト日誌で事業所特有のレイアウトにも対応できます。

■アセスメント・個別支援計画が簡単作成
利用者に必要な計画作成においても、アセスメントやケース記録から情報を取り込み、利用者の現在の状態を確認しながら作成を行うことができます。また、計画書の複写機能・慣用句登録機能等で文字入力を省力化し個別支援計画作成を大幅に効率化できます。

■計画相談支援・障がい児相談支援の利用計画作成に対応
計画相談支援・障がい児相談支援に必要な相談受付票・サービス等利用計画案・サービス等利用計画・モニタリング報告書の作成ができます。また、利用者様のモニタリング管理もできます。

■栄養システムへの連動
基本情報(氏名等)と連携ができます。
個別支援計画の一部を栄養ケア計画書に取り込むことができます。

■預かり金システムへの連動
利用者への請求を預かり金システムの出納データへ連携できます。

■安心のサポート
通信回線を利用したリモートサポートでは電話を通じてのサポートだけではなく、お客様の画面を見ながらのサポートも可能となりますので、迅速かつ適確なサポートの提供が可能になります。
パッケージに関するお問い合わせはこちら