家族のような
関係です。

平島 拓TAKU HIRASHIMA

福祉ソリューショングループ
福祉システム部

2018年入社

平島 拓

家族のような関係です。

もともと「地元の方々の生活に密着している仕事をしたい」と考え、地場企業の営業職を検討していました。就職活動中に熊本計算センターの存在を知り、会社説明会で好印象を持ったことが入社のきっかけです。説明会では先輩社員と交流する場があり、明るい会社だということを肌で感じました。営業職を希望していたコミュニケーション好きな私にとって、その雰囲気は大きな魅力でした。入社してからも、社員同士の距離が近く話しやすいと感じています。業務上の分からないことはもちろん、仕事以外の相談にも親身になって乗ってくれる先輩ばかりです。家族のような関係性を築けるところは、弊社のいいところだと思います。

日々の電話で築いた信頼。

福祉システム部は、介護福祉施設、障がい者支援施設、保育園といった主に社会福祉法人様に向け、システムの開発、販売、保守を行っています。私はインストラクター業務に携わっており、システム操作に関するお客様からのお問い合わせに電話でお答えするのが主な仕事です。システムは、法改正によるシステムのバージョンアップがありますので、導入後もお付き合いは続きます。日頃からお客様に安心していただけるようなサポートが重要です。あるとき、電話でのみ対応していたお客様先に初めて訪問しました。それまでお会いしたことはありませんでしたが、そこでいただいたのは「いつも丁寧に教えてくれてありがとう」という感謝の言葉。日々の電話対応がお客様のお役に立てていたことを実感し、とても嬉しく感じました。それからは、お客様に感謝されるような対応を常に心がけています。

どんな業務でも
コミュニケーションが重要です。

弊社の業務で大切なことは、コミュニケーション能力です。社内はもちろん、お客様とも電話や打ち合わせを通して意思の疎通を図る必要があります。そしてこれは、どんな業務にも言えることです。会話する力は、学生の頃からでも伸ばせます。多くの人と話す機会を設けることがコミュニケーション能力アップの近道。学生のみなさんには、今しかできないことを数多く経験し、自分の自信に繋げていただきたいと思います。

平島 拓
平島 拓
平島 拓
平島 拓
平島 拓
平島 拓
平島 拓

プライベート

フットサル同好会もあり趣味の合う社員同士、土日を中心に練習を行っています。
休日は、ロックフェスやスキーに出かけることも。