描いていた
SEの仕事そのもの。

片岡 誠MAKOTO KATAOKA

地域ビジネスソリューショングループ
地域ビジネスシステム部

2017年入社

片岡 誠

お客様のためだけの
オーダーメイドシステム。

私が所属する地域ビジネスシステム部がつくっているのは、基本的にオーダーメイドシステム。パッケージソフトを販売・カスタムするのではなく、お客様のためだけにシステムを開発します。地域ビジネスシステム部は、民間企業から学校までお客様層が広いことも特徴。毎回どんなシステムが必要なのか打ち合わせを重ね、さまざまな製品をつくっています。現在私が携わっているのは、あるお客様の販売管理システムの開発。今回のプロジェクトから私がメインで担当しています。これまでは打ち合わせでも先輩の隣でメモを取る程度でしたが、今は真ん中に座りお話しできているので、大きなやりがいを感じています。

描いていたSEの仕事そのもの。

これまでで一番の思い出は、母校にパソコンを納品したこと。当時お世話になっていた先生の前での作業に、緊張したことを覚えています。あまり真面目な生徒ではありませんでしたが、恩返しができた気分でした。
入社して3年目。今の仕事は、自分が描いていたSEという職業そのものです。私は、SEとお客様との関わりに惹かれて熊本計算センターに就職しました。ようやく自分が主体となってお客様とお話しできるようになってきたので、早く一人前になれるよう経験を積みたいと思います。そして、お客様からも社内でも信頼される人材になりたいです。

各工程に面白みがある。

SEは打ち合わせから納品まで携わりますが、どの工程にもそれぞれの面白さがあります。たとえば、打ち合わせではお客様の予想外の要望に驚くことも少なくありません。怖くもありますが、その希望を叶えられたときの喜びは大きいです。設計では、システムの画面をレイアウトします。一度、ある表示をオーダー通りに淡い色にしたところ見えづらいと言われたことがありました。黒い文字を目立たせたいという要望に沿ったつもりでしたが、薄すぎたようで……結果、お客様が自由に色を設定できるようにしました。この仕組みは評判が良かったので、今後ほかのシステムでも活用できそうです。そして、いよいよ開発作業のスタート。プログラミングは、できあがっていく過程が目に見えるので、ものづくりの面白さを体感できます。思い通りに進まないこともよくありますが、わからないことがわかるようになる経験こそSEの醍醐味です。

片岡 誠
片岡 誠
片岡 誠
片岡 誠
片岡 誠
片岡 誠
片岡 誠

プライベート

帰宅後は、同僚や友人と居酒屋に飲みに行くことが多いです。
週末は、ライブやキャンプに出かけてリフレッシュしています